コロコロホリデー

どんぐり劇団のどこに転がるかわからない楽屋話

井村屋VSふくやVSかどや〜真に硬いアイスはどいつだ!第1回・硬いアイス選手権〜

明太子で有名な「ふくや」さんが70周年企画でアイスキャンデーば発売しよんしゃーよ。「ふくや」の前身は「アルプス」って言うアイスキャンデー屋さんやったげな。

美野島っ子としたらアイスキャンデーてゆーたら「かどや」やろーもん。と言いたいとこやけど、全国的に有名かアイスキャンデー、特に「あずき味」やったら「井村屋」やろーね。「井村屋のアイスバー」ってゆーたらカタか〜って、みなさんいわっしゃーでしょうが。ほんなこと一番硬いとかいな?

向かって左から「井村屋」「かどや」「ふくや」。「かどや」は商店街の食堂やけんビニールで個包装やらしとらんとよ。

まずは「井村屋」から。どんぐり劇団の団員が「アイスバー」の硬さば体ば張って検証するばい。

うわー、15人も乗ったとに、全然平気やん。さすがー。

したら我らが「かどや」はどげんやろ。

(各所に配慮してラップで包んだ)

12人か〜。最後は「ふくや」

洒落とーねー。リボンやらしとんしゃーばい。硬さはどうやろ。

なんと!「井村屋」と同じ15人!

以上、どんぐり劇団員を一番乗せにくいアイスは「かどや」でした。

次回はストライプス特製「バラのグミ」と市販のグミによる「女子力パワー対決」ば、お送りするとか、せんとか。

 

 

おっさんのバックパックに詰め込まれて、博多から折尾を往復するという地獄

遠賀川の川風にようやく息ば吹き返す、俺。

バックパックの中は揺れるし、暗いし、暑いし、おっさんの汗で湿度もすごか。

ストレスでじっとしとっても疲れて腹が減る、「おっさん、なんか食わせちゃりー」

古賀と宗像でおやつ休憩ゆーとったやん。出かける前によ。

でも1軒は定休日やったやん。おっさん、ちゃんと調べときーよ。

ちょーモー、トンネルの前でいちいち止まらんでよ。

ライトつけるって?そげん、なごーなかって、歩道ばいきんしゃいって。

ばってん、ふとかトラックがすれ違ったら、やっぱちょっとえずかね。

はー、やっと北九についたやね。やれやれ、疲れたやね。

って、もー帰ると、やっと、たのしゅーなってきたとに?

ションなかねー、帰りもなんか、おごっちゃりーよ。